■カテゴリ(クリックすると開きます。)
Pageview

Twitter


【DJMAX】DJMAX RespectがG-STAR 2016に出展されてます!

「G-STAR」とは韓国のゲームショウです。
そのG-STAR 2016が11月17日〜20日の日程で釜山で開催されています。

来年PS4で発売予定のDJMAX Respectも出展されており、試遊台もある模様。


【G-STAR 16]「いよいよPS4進出、期待してもいい!」、DJ MAXリスペクト体験記(韓国語)
http://www.thisisgame.com/webzine/gameevent/nboard/260/?n=66590(引用元)
ネオウィズゲームズが来年初めPS4に発売予定の「DJ MAXリスペクト>がG-STAR 2016 SIEKブースにデモ版を初公開した。現場では「風にお願い」、「レディメイドスター(Ladymade Star)」など、既存のシリーズに収録された10曲と、新たに公開されている3曲など全13曲を公開した。

ゲームは、以後5年ぶりに披露する後続作である。シリーズ1編仏最新作まで140以上の曲が収録されたマスターピース激タイトルに新曲ももちろん含まれている。ネオウィズゲームズは、今後のDLCを介して定期的に新曲を発売する計画である。下のビデオおよびおおよそのデモバージョンの構成を会ってみよう。/ディスイズゲームジョンヒョクジン記者

は、基本的に
別に2人プレイである「ローカル2人プレイモード」の場合には、各ユーザの操作難易度差がある場合があることを考慮して、同じ曲でも、異なる難易度に設定してゲームを楽しむことができる。難易度ごとにノートエフェクトが異なるため、それぞれの難易度でプレイする場合、若干のセッションプレイ感も与えることができる。

デモしたモードである「フリースタイル」では、トラック全体、プレイ可能リスト、
ここには、新曲と既存のシリーズの曲が含まれており、新曲の場合には、曲名のみ表示され、作曲家は、ある種の疑問誘発のために、現在は公開されなかった。既存の曲は曲の代表アイコンが大きい瓶に何かを淹姿なのに、これは過去のゲームであるだけに「懸念食べる」という感じを面白く表現するために買いを私たちはイメージを表現みたもの。

隠し曲については、まだ悩んでいると明らかにした。ネオウィズゲームズの関係者によると、過去のシリーズで特定の条件を達成したときにできた隠し曲(例えば、Minus 3)については、別途条件なしにそのまま入れるか、それとも別の条件を設定するかを心配していると明らかにした。

他の基本的なインターフェースの操作は、L1、R1ボタンが項目別タブ移動が可能で、アナログスティックには、ロック設定がされた曲を除いたプレイ可能曲に直接移動することができる。プレイの設定はかなり細分化されている。エフェクトは、既存の2、4、8、16などの排水を中心に可能であったことが0.25単位で高めることができる。コンボゲージが積んとき排水コンボを発動させてくれる「フィーバー」モードの自動機能もある。オートフィーバー5を利用すると、別フィーバーボタンを押さなくてもフィーバー5段階まで自動発動される。

最後に、最も重要な操作感。PS4コントローラーで操作することに懸念があったが、いくつかの曲をしてみた結果、あえて気にしなくてもなるようだという感じである。過去PSPで操作していたようにPS4コントローラでも4方向の矢印、4つのボタンでノートを押すとロングノートはアナログスティックで利用する。

PSP当時は機器が両手の図感が非常に落ちたので、ボタンを連打すると、機器が揺れがひどく、画面を見ることも難しく連打することも困難であった。しかし、PS4コントローラは、両手グリップ感が良い方なので、むしろ操作感ははるかに良いとすることができる。

機械翻訳してみるとこんな感じです。
ゲーム自体は大体できている様子なんでしょうかね?

収録曲は140曲以上で、DLCでの曲の配信も予定していると記事にあります。
システム面もハイスピが細かく調整できたり、2Pプレイ時に難易度が異なる譜面も選択できるということも書かれています。

操作面もPS4ということでデュアルショックの操作性もよく、PSPの時にあった激しくボタンをたたくと画面が見づらくなってしまうという点もないとのこと。



収録曲は140曲以上と非常に多い訳ですが、Trilogyみたいに旧曲を集めたベスト盤みたいな感じになってしまうのだろうか?
新曲も40曲以上あるらしいのですが、今回は遊べる曲は曲名だけの表示で気になるアーティストの表示はないらしい。
BGAも高画質で背面全面に表示されていて映像も売りになってるDJMAXらしさはちゃんとしているみたい。
TrylogyのときはSD画質だったのだけど、HD画質になってるんだっけか?

そして、発売が2017年1月だったのが、2017年7月に延期らしいです。
価格は49,900ウォンということで、日本円だと5,000円弱ですかね?

DIVA FTに加えて、DJMAX RespectもPS4持っているなら買って損はない音ゲーになりそうですね。


追記

内容として新しいものはありませんが、公式からのアナウンスだったため追加。
リリース日が2017年7月になったのは上にも書きましたが、(韓国ベース)となってるので日本ではさらに遅くなる可能性もあるのだろうか?

カテゴリ:[音ゲー(BEMANI以外)]

投稿日: 2016/11/17 13:16:44 | 更新日: 2016/11/17 14:48:57
 
Comments

comment