■カテゴリ(クリックすると開きます。)
Pageview

Twitter


【SDVX CLOUD】SOUND VOLTEX III(e-AMUSEMENT CLOUD) βテスト開催が決定

現在αテストが開催中のSOUND VOLTEX III(e-AMUSEMENT CLOUD) ですが、βテストの開催が決定したようです。
数か月ぶりの記事ですが、ボルテクラウド版のβテストの情報が発表され思うところがあったので記事に。



αテストが開催中で、αテストもチケット制(無料チケット1000枚)で開催されています。
このスタイルで大体「従量課金なのかな〜?」とみんな予想はついていましたが、問題はチケットの価格。

βテストで発表されたのは5枚で108円(1枚 21.6円)〜235枚で4,320円(1枚 約18円)という価格でした。
LIGHT STARTでチケット5枚、STANDARD STARTでチケット6枚消費なので、1枚18円で計算するとスタダ108円。

ゲーセンとほとんど変わらない価格ですね。
でも、プレー料金だけ払えばいいゲーセンと違い、家庭用では純正品37,584円(税込)のコントローラやこだわるのであれば縦置き出来るモニターも揃えるとなると+αが結構かかる。結果として割高に。
そこまでしてもプレーできるのはゲーセンより1作品前のSDVX III。

こうしてみれば「ゲーセンでプレーしたほうがお得じゃね?」となる訳です。
これは大体の人が思うんじゃないかな?


自分も同じ考えですが、ユーザーの理想通りにはならないことも多いとも思っています。

例えば「ゲーセンと同じくSDVX IVが家で遊べる」場合はどうなのか?
当然プレイヤーはIIIよりもIVを望んでいるので、もしかしたらその理由で遊ぶ人も増えるかもしれない。一方で、家で最新作が遊べるのであれば、「ゲーセンに行かなくていい」ということにもなり、ゲーセンの売り上げが下がります。

コナミからすればユーザー(個人)もゲーセン(店)もどちらも大事なお客様です。どちらかといえば顔が見えない1ユーザー(個人)よりもゲーセン(店)を優先するでしょう。
昔と違い家庭用ゲーム機やPCのスペックが上がり、ACのゲームをまったく同じく動かせる時代になっても家庭用のほうが遅れて発売するってのはそういうところもあるのだと思う。


次にプレー料金。
いろんなところを見ていると「買い切り(パッケージソフトみたいに最初に1回お金払うもの)で売ってほしい。価格は5,000円くらいがいい。」って意見が多いです。
確かに買うほうからしたらそれが一番お得な価格。
コナミだとjubeat plusやREFLEC BEAT plusが本体は無料で、DLC 4曲500円で販売をしています。
beatmania IIDX INFINITASやSDVX(CLOUD)にするとなると、5,000円くらいで何曲か入ってるスターターパックのようなものを販売し、それに加えてDLCで曲を販売とか?

ただ、INFINITASはライバルや全国・県トップなどや、SDVXだとACとスコア連動などの「ネットワークサービス」が提供されています。
PS4でオンラインマルチ(オンラインプレイ)をするためには、PlaStation Plusという有料サービスに加入が必要だったりします。
オンラインプレイはサーバー等の費用がかかるため買い切りの金額だけで運用は難しい。
jubeat plusやREFLEC BEAT plusでオンラインのマッチング機能はなく、ライバル機能のようなものは充実していません。

そして、メーカーも商売としてサービスを提供しているので、儲かる金額を設定する必要があるのと、あとから価格を上げると批判が多くなるのであまりしたくないというものがあります。

「それなら遊び放題の定額のほうがいいかなー」と思うものの、ACとスコア連動が引っかかるところ。定額で粘着でき、ACとスコア連動というのはあまりよくないのかなと。

その辺で考えられる案としては3つ。
・完全オフライン(ライバルとか無し)で買い切り。
・INFINITASと同じく定額課金で遊び放題。でもACとのスコア連動はなし。
・今回発表された従量課金。ACとのスコア連動あり。

jubeat plusとREFLEC BEAT plusも遊んでいる自分からするとライバル機能のような他人とスコアを競うものがないのはやっぱり物足りないです。
ACとのスコア連動までは求めないし、家庭用という"練習"っていう一番の目的を考えると従量課金もなし。

携帯のデータ通信プランじゃないけど、定額と従量のプランがあって選択できるようにとかでもいいんじゃないのかな。
ちょこっとだけプレーする人は従量で、がっつりプレーしたい人は定額という感じで。

と、まぁいろいろ書いても結局決めるのはメーカーです。ここでこの方法がいい!と書いてもしょうがないのですが、必ずしもユーザーの考える一番にはならないというのは理解してほしいところでした。


ちょうど今、e-AMUSEMENT CLOUD 利用状況に関するアンケートというものを実施しているようなので、プレー料金についても意見を書くことができるので是非。

e-AMUSEMENT CLOUD 利用状況に関するアンケート
https://questant.jp/q/HENWSB79

カテゴリ:[音ゲー(BEMANI)]

投稿日: 2017/06/05 14:53:30 | 更新日: 2017/06/07 13:39:22
 
Comments

comment