■カテゴリ(クリックすると開きます。)
Pageview

Twitter


【人気ナンバー1音ゲーを決める】ファミ通“ジャンル別ゲーム総選挙”「音楽ゲーム総選挙」の結果が公開!

公開と言ってもファミ通紙面上ではずいぶん前に発表になっていました。
流石に雑誌の紙面を載せる訳にもいかないし、web上にもランキング載るだろうと気長に待ってたら8月になってたよ。

アンケートの受付時の時の記事は↓
【人気ナンバー1音ゲーを決める】ファミ通“ジャンル別ゲーム総選挙”「音楽ゲーム総選挙」が開催
http://bm2dx.com/!/-/643/


■1位 初音ミク プロジェクト ディーヴァ フューチャートーン
■2位 オトカドール
■3位 beatmania IIDX
■4位 初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X/X HD
■5位 CHUNITHM(チュウニズム)
■6位 初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- F 2nd
■7位 初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone
■8位 ポップンミュージック
■9位 Deemo(ディーモ)
■10位 初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- f/F
■11位 初音ミク Project mirai でらっくす
■12位 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
■13位 DanceDanceRevolution
■14位 jubeat
■15位 太鼓の達人
■16位 SOUND VOLTEX
■17位 大合奏! バンドブラザーズP
■18位 maimai
■19位 パラッパラッパー
■20位 リズム天国
ランキングを引用すると上の通りでした。

総評からいえば、みんな言ってるDIVA多すぎとオトカドールが2位だと・・・?!に尽きると思う。
DIVAを1作品にまとめろよっては思うが、複数入ってる理由やまとめられなかった理由としては、1回で3作品に投票が可能だったので、DIVA3作品に投票する人が多かったんだと思う。
そうなると一つにまとめたときに1回の投票でDIVAに3票入ることになったりとかなんとかでバラバラになったのかな。

次にオトカドールが2位だった件。
ツイッターで投票を呼び掛けてる人がいて、ユーザーの多くが投票したからっていうもの。
まぁ他のジャンルではメーカーが投票を呼び掛けたり、もしかしたら社員が投票してるものもあったり?となんでもありなので別にそれをダメというつもりはないです。熱意があったって評価してもいいと思う。


で、それ以外のランキング。
BEMANIシリーズが多くランクインするのはやはり人気のBEMANIというところで、beatmania IIDXは安定の人気。一方で20位以内に入れなかったギタドラ、リフレクとかは結構厳しい現状なのかなと思う。
DDRがjubeatやSDVXより上なのはオトカドールと同じく熱狂的なファン(ユーザー)や、昔のDDRブームの時にプレイしてたって人が入れたから?

思ったより少なかったのがアプリの音ゲー。
最近では毎月のように音ゲーアプリが配信されているけど、ランキングしたのはDeemo(ディーモ)とアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)の2作品でした。
DeemoはCytusやVOEZを手掛けてるRayarkの音ゲーの中でも一番人気でアプリ全体で見てもやはり人気なんだなと感じた。ガチャみたいなシステムはないからセールスランキングトップに来ることはないけど、安定的な売り上げなのはユーザーの多さなのかもしれない。
デレステは説明不要で、ガチャ・スタミナ採用のいわゆるソシャゲスタイルの音ゲーでは上位の人気アプリ。

パラッパラッパーはPS4でリメイクされたばかりだし、リズム天国は音ゲーやらない層からも支持があるソフトだと思うが、大合奏! バンドブラザーズPが入ったのが一番予想外だった。


他のアクションやRPGなんかに比べるとユーザー数も少なくライト層もあまりいない音ゲーというジャンルだから熱狂的なファンがいての作品や、ファミ通ってこともありACよりはCS作品が多く入ったのかなという感じでした。

プラットフォームも違うし売り上げやユーザー数とかで比較も出来ないし、こういうランキングはひとつの結果として面白かったと思う。
メーカーの人も見てるみたいなので、コナミにはBEMANIはまだまだ人気があるし、CS作品も多く入ってるんだからCSにも力を入れてほしい!
まぁBEMANIの家庭用は売上で見るとなかなか厳しいんだけどな。

カテゴリ:[雑記]

投稿日: 2017/08/04 15:25:01 | 更新日: 2017/08/04 15:25:01
 
Comments

comment