猫とYシャツとさす日記
2013 / 06   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment
プロフィール
名前 : さす(SASU)
出身 : 福島県海側
居住 : 神奈川県横浜市
嗜好 : 猫、フォント、音ゲー、
     血、メダルゲーム、邦楽(Pops)

弐寺に関して
ID : 2369-7202
習性 : NORMAL&オリコ大好き
信念 : 全譜面HSのみ & HS固定で勝負。
     ソフラン大好き。


↑ 自分の家庭用スコアです。


最近の記事

カテゴリー
BMS (3)
AnAn (7)
QMA (62)



RSS & Atom Feed
猫とYシャツとさす日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
パチ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
BMS
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AnAn
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
メダルゲーム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームレビュー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
QMA
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
オリコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲーセン
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音ゲー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

メニュー

«« ・・・詠様・・・ | main | V6 »»
«« カテゴリ内前記事(・・・詠様・・・) | 音ゲー | カテゴリ内次記事(V6) »»
2008/11/10
jubeat初体験
なんとなく、音ゲー最近やってないからjubeat初プレイ。


なんていうか、これ音ゲーというより、反射神経ゲー。
大体は次押すのしか見えないから、他のゲームより集中力は必須。
それに画面を直接押すという操作上、
自分の手がオジャマ要素だったりするwww
よくあるのが、右手で中央を押してる時に次に来てる右下が見えないパターン。
プレイしてる人の動きが機敏な理由が分かったわwww

ちなみに、タッチパネルと思った人は、自分と同類です(笑


で、このゲームの最大の売りが、他プレイヤーとスコア勝負が出来る所。
そんなの他のやつでもあるじゃん。・・・って思いますが、
大きく違う点は、対戦プレイヤーが固定じゃない所。

流れとしては、曲を選ぶと対戦プレイヤーの受付画面になる。
一定時間内に同じ曲&難易度を選んだプレイヤーとマッチング。
4人集まるか、制限時間切れでスタート。
だけど現在は1人の方が多いという悲しい現実。

でもこれってマッチしにくくね? と思うけど、
他プレイヤーが選択した楽曲はリアルタイムで選曲画面に
「プレイヤー受付中」と表示される仕様。
これにより、対戦をしたい場合はその楽曲を選べばおk。
しかし、待ち時間があまりにも短いので、思いの他早く消えます(笑


多分、これが一番のウリなんだろうけど、個人的には別な方に魅力を感じた。
それは「提供曲」の多さ。
それもJ-POP最前線で活躍してる人が多い。
楽曲選択画面がiPodみたいにジャケット表示なんだけど、
提供曲は本物のジャケット使ってます。
覚えてる所ではmihimaruGT、川嶋あい、FUNKY MONKEY BABYS
ロードオブメジャー、Do As Infinity、土屋アンナ、AAA、MINMIとか

一方のカバーもUVERworld、浜崎あゆみ、大塚愛、Crystal Kay、BONNIE PINKとか。なかなかいい選曲でした。
Crystal Kayの『こんなに近くで・・・』とかマジグッジョブなんだけど。
それから泉さんが頑張ってる。2,3曲くらいはあった気がする。

あと気付いた事は川嶋あいのMy Loveやった時に
パネルが「M」「L」の形に来る所とか、久々の文字ネタに感動。


総合的に見ると、あんまりヒットの予感はしませんでした。
ゲームの感じだと手でやるDDR。足→手用に4→16パネルになった感じ。
演奏感とかは皆無なんで、曲が好きじゃないとまず楽しくない。
それに歌モノなんかは殆ど歌声と同じタイミングで来るんで、
版権曲なんかは曲を知ってるor知らないで、難易度が変わるのも事実。
自分みたいな邦楽ヲタはある程度楽しめるけど、
少なくとも他の音ゲーと同じ感覚でプレイするとガッカリ神が舞い降りてきます。

確かに、310さんの言う通り、一回でもう十分だわ(笑
posted at 2008/11/10 12:45:38
lastupdate at 2008/11/10 12:45:38
修正
 
Comments
やった感想は反射ゲーもそうだけど覚えゲー。

楽曲に関しては音ゲーやったことない人にも触れやすいようにJPOPが多く入っているんでしょうね。
ゲームの性質上ジャンルとか関係なく入れれるし
(ギタドラとかだとギタードラムのパートがある曲しか入れられない)

あと友人と店内対戦とかは盛り上がるだろうけどバトルはあんまりね。
by 310
at 2008/11/10 17:49:30
 
でもコナミ音ゲーって、外見がカッコイイのが裏目に出て、一見さんがやりにくいのもあるんだよなぁ…
それなヘビープレイヤーの方が多いから余計なんだろうけど

まずユビートはプレーしてる人の動きからしてマイナス要素な気が(笑
by さす
at 2008/11/10 20:19:17
 

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション