猫とYシャツとさす日記
2013 / 06   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment
プロフィール
名前 : さす(SASU)
出身 : 福島県海側
居住 : 神奈川県横浜市
嗜好 : 猫、フォント、音ゲー、
     血、メダルゲーム、邦楽(Pops)

弐寺に関して
ID : 2369-7202
習性 : NORMAL&オリコ大好き
信念 : 全譜面HSのみ & HS固定で勝負。
     ソフラン大好き。


↑ 自分の家庭用スコアです。


最近の記事

カテゴリー
BMS (3)
AnAn (7)
QMA (62)



RSS & Atom Feed
猫とYシャツとさす日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
パチ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
BMS
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AnAn
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
メダルゲーム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームレビュー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
QMA
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
オリコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲーセン
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音ゲー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

メニュー

«« #2コースレビュー | main | 進展してるというかそれしかやってない »»
«« カテゴリ内前記事(#2コースレビュー) | 音ゲー | カテゴリ内次記事(店舗オリコ) »»
2010/01/13
EXPERT紀行 4日目
昨日、EXPERTを書いたらEXPERT熱が再燃しました(笑
久々にEXPERT紀行を書きたいと思います。

今日は名作8thからNIGHTコースです。


このコースは歴代全コース中、自分が一番やってるコースでもあり、
家庭用8thを起動したら必ず1回はやるくらい好きなコースです。
まさか覚えてない&知らない人は居ないと思いますが、念の為に曲順です。
1、Small clone
2、Hormiga Obrera
3、dual control
4、thunder
5、Red Nikita
単曲で見てもなかなか良いラインナップです!
ただ、悲しい事にdualとthunder以外は
現行のAC IIDXで削除されちゃってるんですよね。悲しい・・・。


楽曲は全体的にジャズ寄りであり、
譜面も独特のテンポや、小さなズレの多い楽曲が揃ってます。
特にdual controlがスコアの鍵を握ってます。

次に楽曲の流れですが、これもまたよろしい!!

まずはSmall cloneのダークな雰囲気。
まさにNIGHTコースと言った感じではないでしょうか。
ムービーも夜の街ですし、楽曲もファンクジャズで、
大人のムード満天のままHormiga Obreraへ。
Small cloneの最後のキー音好きなんすよwww

我らがShawn The Horny Master先生の楽曲です。
次の前半戦最後の曲でもあるオブレーラは、一転した情熱のラテンナンバー。
しかし、楽曲にどこか艶美さがあるのは気のせいでしょうか?
・・・そうですか。気のせいです。ごめんなさい。
是非、この楽曲の最後のキー音は3連符にアレンジして下さい。
1回だと雰囲気出ないんでね。

夜も盛り上がってきた中間地点、dual control。
他の楽曲の様なダークさが全くない一曲。
ここで雰囲気を一転させるのもNIGHTコースの魅力です。
いわば梯子曲。1次会と2次会を繋ぐ役目です。
とは言え、譜面の瞬間密度はNIGHT中で一番であり、
休憩の余地を与えてくれないのも優しさですね(?)

後半戦、最初の楽曲はthunder。
NIGHTコース唯一のボーカル曲でもあり、
dj T…Lion MUSASHIのハウスナンバー。
dual controlとは全く違う楽曲でも、
ハウスという共通点を継承してる所がいい(?)
物悲しい雰囲気は、失恋ソングの証。
大人なんだから失恋ソングは必須な訳ですね。

そして締めのRed Nikita。
Osamu Kubota曲の中で一番好きなこのナンバー。
オブレーラ同様、ラテンのノリで締めます。
この楽曲の素晴らしい所は起承転結の「転」の部分。
一度プレイした人なら分かりますが、曲調が突然変化する部分。
あのキー配置。あれは神業的な配置です。
たった2回の縦連打で心が躍るのには感動すら覚えます。
もちろんそれはNORMALでも再現されてます。
そしてそれまで駆け上がってきた階段を
一気に降りるかのような楽曲の終わり方。
NIGHTコースの締めとして最も相応しい楽曲だと思います。



・・・と、まぁ脳内の妄想を一心に書いてきたんですが、
正直言うとdual controlではなくてSmokeが欲しかった!!
ただ、Smokeは#1のUGコースに既に入ってたし、
このNIGHTコースも#2の表コースだからIR対象コース。
もうしょうがないのは分かるんですよ。(;ー;)

8thの楽曲はコレと言って熟練者向けの楽曲が無いので
現在、全体的に下火気味の楽曲ばかりですが、
結構名曲が揃ってるのも事実ですから。
みなさんも8thをもっと愛して下さいね!!
posted at 2010/01/13 12:59:25
lastupdate at 2010/01/13 12:59:25
修正
 
Comments
オブレーラのアレンジポイント間違えた。

最後を3連符にするんじゃなくて、最後の後に3連符を加えるんだった。
3拍目が表に来る様なタイミングで。
ジャン、(ウ)ジャジャジャン。みたいな。
(ウ)が表ね。

って、誰もやらねーか!!ガッハッハッハ!!
by さす
at 2010/01/13 18:22:04
 

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション