猫とYシャツとさす日記
2013 / 06   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment
プロフィール
名前 : さす(SASU)
出身 : 福島県海側
居住 : 神奈川県横浜市
嗜好 : 猫、フォント、音ゲー、
     血、メダルゲーム、邦楽(Pops)

弐寺に関して
ID : 2369-7202
習性 : NORMAL&オリコ大好き
信念 : 全譜面HSのみ & HS固定で勝負。
     ソフラン大好き。


↑ 自分の家庭用スコアです。


最近の記事

カテゴリー
BMS (3)
AnAn (7)
QMA (62)



RSS & Atom Feed
猫とYシャツとさす日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
パチ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
BMS
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AnAn
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
メダルゲーム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームレビュー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
QMA
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
オリコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲーセン
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音ゲー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

メニュー

«« 店舗オリコ | main | Lala Moore終了のお知らせ »»
«« カテゴリ内前記事(店舗オリコ) | 音ゲー | カテゴリ内次記事(Lala Moore終了のお知らせ) »»
2010/01/19
SIRIUSの深イイ話

※今回は特に長いです。ごめんなさい。


シリウス(Sirius)とは
 太陽を除けば地球上から見える最も明るい恒星。
 ギリシャ語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」を意味する。
 (wikipediaより)


IIDXの第二章はREDから始まり、
HAPPY SKY、DistorteD…と明と暗が交互に繰り返され
前作の明から今作は暗の「IIDX STREET」になると
全世界が確信していたIIDX 17―――。

しかし蓋を開けてみればタイトルはSIRIUS・・・。
誰しもが宇宙・天体を連想し、暗とは思えない
その名前に、尻毛が立った人は数しれず。(私もその一人です)

SOTA色サイバートランスが多めなの??と思いきや、
暗の特徴でもある落ち着いた曲満載。
プレイヤーは慌てふためき、もはや、戦後ではない。


じゃぁ?なんなのさ?!SIRIUSって。尻かよ!!尻!!ウホッ!!
って話ですよね?ね? 私もそうでした。



もうやっている人も居るかもしれませんが、
最近、IIDXで新しい楽しみ方がありまして、
まず曲をプレイ。その後、公式サイトの曲紹介を見る。
そしてまたプレイ。(※股プレイではありません)
ただこれだけ。…なのですが、凄く印象が変わる。
作者のコメントを見た後に改めてプレイすると、
ここはこれを表現してるのか…とか、
違った一面が見えて来たりと、なかなか乙なものです。

そんで、今回もそれを実行したのですが、
SIRIUSの曲紹介を見てると、よく見掛ける言葉。「10年後」。
一体これは何ぞや??と思いました。
すると、曲紹介のトップでヨシタカが
 「10年後」も輝き続けるための「個性」を探してもらい、
 その答えを楽曲で表現してもらった。
との事。

シリウスの意味は「天狼星」で、地球上から一番明るく見える星。
・・・という事までは、稼動前に調べたので知ってました。
しかし、本当の意味はそこではなく、その更に先。
シリウスの語源でもある、ギリシャ語「セイリオス」の意味「光り輝くもの」。
クリエイターとして光り輝くもの・・・つまり「個性」が今回の表のテーマ。

更に深読みすると、音楽は恒星の様に、この先もずっと輝き続ける。
ならば、これから先はどんな輝きなのか。
10年という節目を越えた今、更に10年後はどうなのか。
それぞれの答えがSIRIUSに詰め込まれている。
自分は、氏の言葉を受けて、そう受け取りました。
(改めて読み返したら、まんまでした…)


その後、改めて楽曲を見てみると、
「未来のプリズム」や「To The Future」など
単純に見ると「シリウス=宇宙=SF=未来的」と
安易なネーミングだなぁ、と思ったけれど
SIRIUSという意味の奥に隠された言葉から考えると
凄く深い意味に感じます。(考え過ぎ??)

また「10年後」と言えども
猫叉氏の様に、今とは多少なりとも変化すると答えを出す人も居れば、
L.E.D氏やRyu氏の様に、今の路線を突き進むという答えを出す人も居たり、
今回のMUSICは楽曲紹介だけではなく、それぞれの答えがあり、
結構面白い内容になっていると思います。


と、自分の思い込みも含めつつ書いてきましたが、
こうやって考えると、ある意味今までで一番重いテーマだと思います。
当然、10年後なんて誰も分からない。
「未来」という言葉は、表向きには明るい印象を与えるが、
意味を考えれば考えるほど、その明かりは陰ってしまう。
また、「個性」も内容によってはプラスにもマイナスにも転じる。
だけどもそれらを「SIRIUS」という名前に置き換える事によって、
未来も個性も、いつまでも輝き続ける様な明るいイメージを与える。
それが「SIRIUS」になった理由だと感じました。



…なんつってー!!



SIRIUS=個性って考え方はカッコいいね!惚れた!
結局そういう事だよね。クリエイターって個性が大事なんだよ。うん。
でも個人的にはnagureo、SLAKE、ヒラショウ、TaQ、久保田修を始めとする
かつて複数楽曲を提供していた人たちの答えも知りたかったのが本音。

今のレギュラーメンバーに個性とか聞いても
既作と対して変わらないと思ってしまうのも本音。
せっかくこういうテーマなんだから、
もっとIIDXに関わりの深い人を呼ぶべきだと思う。
せっかく良いテーマなのにそこがちょっと残念でした。


11年目を迎えても尚、進化し続けるIIDX。
人間と同じ様に、今が大事な第二次性徴期なのかもしれません。


PS. IIDXってやっぱり性別は男だよね。


11歳・・・。




IIDX擬人化・・・・ハァハァ
posted at 2010/01/19 12:25:09
lastupdate at 2010/01/19 12:25:09
修正
 
Comments

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション