猫とYシャツとさす日記
2013 / 06   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment
プロフィール
名前 : さす(SASU)
出身 : 福島県海側
居住 : 神奈川県横浜市
嗜好 : 猫、フォント、音ゲー、
     血、メダルゲーム、邦楽(Pops)

弐寺に関して
ID : 2369-7202
習性 : NORMAL&オリコ大好き
信念 : 全譜面HSのみ & HS固定で勝負。
     ソフラン大好き。


↑ 自分の家庭用スコアです。


最近の記事

カテゴリー
BMS (3)
AnAn (7)
QMA (62)



RSS & Atom Feed
猫とYシャツとさす日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
パチ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
BMS
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AnAn
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
メダルゲーム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームレビュー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
QMA
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
オリコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲーセン
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音ゲー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

メニュー

«« ポニョを見て | main | iPodで再生出来ない »»
«« カテゴリ内前記事(#4開催?!) | 音ゲー | カテゴリ内次記事(音ゲー@2chの思い出) »»
2010/02/08
ポプポタ レビュー
話題(?)のポップンミュージックポータブル。
携帯ゲームとしては久々のコナミ音ゲー作品。
全解禁まではまだまだですがレビューしました。
買おうか迷ってる人に少しでも参考になればいいと思います。
ネタバレは極力してませんのでご安心を。

※さす日記の奥義でもある『長文』が炸裂してます。


まず、全体的なシステム部分から。
モードはチャレ、エキスパなしのゲームとしては4モード。
メインのアドベンチャーと、おなじみのフリーとバトル、チュートリアル。
バトルにネット、CPU、2Pがまとまってます。
アドベンチャーがエンジョイ、チャレ、エキスパの合体版な感じです。

今回の譜面は5、7、9ボタンの3種類。7が久々の復活。
しかも譜面は全種類にハイパー実装という気合いの入れ様。
もちろん9にはEX実装で、難易度には不足なし。
ただ、5→7と7→9の壁が段違い。
5と7は従来のPS2の作品と同じ配置だけど9は別。
左とOボタンが緑担当から白担当に変わりますw
アナコンプレイヤーの人に断言します。
白ボタンが来た時に間違いなくLRを押してしまいます(笑
なので、7と9を交互にプレイ=脳トレです。
しかし、それが対応出来るか出来ないかで
バトルの勝率が大きく変わります。バトルは混合も可能っぽいです。
あとはCOOL判定がデフォになり、空BAD(早押しBAD)も狭く変更。
弐寺より空BAD出難く、コンボが切れにくくなりました。
判定は家庭用弐寺のBAD判定が無い版な印象です。
それからロードがかなり頻発します。でもこれは直ぐに慣れますね。

あと、以外な盲点であろうポプとも機能がまさかの最大30人www
このゲームの一番の魅力だと感じたのが、そのスコアの交換方法。
アドホック通信でスコアが交換出来るという優れもの。
アケよりスコア交換が楽で凄く魅力的。
しかも、従来のクリアメダルに加え、IIDXの様なDJポイントみたいなのが
あるので、譜面を埋める価値も上昇してると思います。


次にメインのアドベンチャーモード。
一言言います。  過去最高の出来です!!
正直、コレに尽きます。今作品がどれだけ本気かが伝わってくる位。
DDRのオリジナルモードみたいな中途半端な作りではありません。
進行はADVENTUREでの解禁イベント方式。マスを進む式なんですが、
スケールの壮大さがパない。確実に想像の斜め上を行きます。
あとはSEが神。特にレベルの扉に弾かれた時の音が無駄に快感w
進行は5キーメインなので、初めから高難易度を求める人には苦痛かも。
あとは、初めは余裕なポイントも、後で絶対足りなくなるんで
7や9も安心してやり込んで大丈夫かと。自重して損しました…。


次に音ゲーの命でもある楽曲面。
全体的に見るとポプらしい歌モノが多く、ベスト版な印象。
PS2にも収録された事のある楽曲だけを見ても、
当時の人気ランキングで上位だった楽曲が殆ど。
最新のせんごく列伝からの楽曲もありますし、
半分近くはADVENTURE以降の楽曲で構成されていたり、
過去曲の良さも再認識出来たりと、結構いい感じのラインナップです。
家庭用新曲は少ないですが、クオリティはマジ高いです。
特に、最初に出会うであろうシリーズ第4弾の家庭用新曲は
ガルネクっぽい感じで個人的にはツボでした。
ただ、触れないとかLala Mooreとか。大人の事情曲は多分なし。
それでも人気アーティストは一通り入ってる印象。
また、キャラも人気所は大体収録。
男多めで、なつ坊登場にスタジオ総勃ち。
なつ坊使うとショタコンがバレるから自重してたけど…ハァハァ。


あとはV-RAREが結構豪華なメンツ。
久々登場のオサクボ、ピアノメドレーを初め、噂のAxが再降臨。
Remixが斬新なkors kと5曲ではあるものの聴き応え抜群。



とまあ、見ての通り賞賛の嵐な自分にとって、
ポプだけに留まらず、音ゲーとしても最高部類に入る位の出来でした。
DJMAXでもやってたんですが、PSPなんで、スリープを使えば
起動を待たずにいつでもすぐにサクッとプレイ出来るのが◎。
また、裁判中のDJMAXに対抗した印象もあります。
5キーなんかキー配置が全く同じでした。
コレが楽しめる人はDJMAXも楽しめるんじゃないでしょうか?
あとは音ゲーのプレイにイヤホンは必須ですよ。

やっぱり一番の問題はアナコンでのプレイを許せるかどうか。
自分はその点が全く無問題だったのですんなり受け入れられました。
ポプの作品と見ず、ポプ楽曲を使った別作品と見るといいと思います。
もし音ゲー好きで購入を迷ってるんなら、絶対にオススメしますね。
人とのネット対戦も出来ますし、4人対戦も多分今作品限定かと。

まだアドベンチャーしかやってませんが、他も期待出来そうです。
やっぱり個人的な注目点はポプ恒例のマラソンモードと、
十中八九無いだろうけど期待してしまうクラシックシリーズ。

家庭用音ゲー氷河期に突入した最中に投下されたこの作品。
結構面白いのに、公式のウリにしてる点がプレイヤー目線とズレているのが、
正直気になる所です(笑) 二人バトルなんて正直どうでもいいからwww
迷っているならば是非買ってみてはいかがでしょうか?
posted at 2010/02/08 12:18:10
lastupdate at 2010/02/08 12:18:10
修正
 
Comments

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション