猫とYシャツとさす日記
2013 / 06   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment
プロフィール
名前 : さす(SASU)
出身 : 福島県海側
居住 : 神奈川県横浜市
嗜好 : 猫、フォント、音ゲー、
     血、メダルゲーム、邦楽(Pops)

弐寺に関して
ID : 2369-7202
習性 : NORMAL&オリコ大好き
信念 : 全譜面HSのみ & HS固定で勝負。
     ソフラン大好き。


↑ 自分の家庭用スコアです。


最近の記事

カテゴリー
BMS (3)
AnAn (7)
QMA (62)



RSS & Atom Feed
猫とYシャツとさす日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
パチ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
BMS
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AnAn
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
メダルゲーム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームレビュー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
QMA
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
オリコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲーセン
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音ゲー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

メニュー

«« will soon arrive | main | 青山で流れた曲 »»
«« カテゴリ内前記事(Rev:Secrets of Egypt) | メダルゲーム | カテゴリ内次記事(Rev : アラビアンジュエル) »»
2010/10/05
Rev:アミNo.3

セガの名作「タントアール」に通ずるダジャレのセンスを感じた『アミNo.3』。
初見でアミノサン(アミノ酸)って読める人絶対居ないww
一通りやり込んだので、今日はそのレビューです。長いので注意。


wikipediaにアミNo.3の項目があり、綺麗にまとめてあるので、
大まかな変更点などの概要とかはそっちを参照して下さい。
ここでは、そのwikipediaの補足的に感想を交えて書きます。


・通常の捕獲画面について
 まず、アミの範囲が狭まりました。初プレイ時は要確認です。
 捕獲面では、5kg魚に3枚だったのが5枚必須。なので、マンボウとか10枚必要です。
 つまり、基本的に100kgまで100枚必要なので、前作よりも枚数を要します。
 しかし、魚の動きが遅くなり、技術介入度は下がりました。

・アミゲージについて
 今作の特徴の一つでもあるアミゲージ。ゲージを溜めてメダルゲット!!
 ・・・ただ、ここを見て台を選ぶ人は居ないだろうけど、気にするのは最初だけ。
 殆どがメダル1枚。1回だけ5枚x6とか出たけど、微々たる仕掛け。
 100kgまで使用した枚数の1〜2割前後が戻ってくる印象でした。

・竜宮スロット
 技術勝負の大漁スロットから、完全機械任せの竜宮スロットへ変更されました。
 見てるだけなので、基本的にメダルは必要ありませんが、
 「アミを当てて止めろ」や「アミを当てて回せ」とかあるので、
 最低でも10枚は持って置いた方が無難です。

・JPチャレンジ(竜宮チャンス)について
 個人的最高の変更点として、鯛エナが出来なくなりました!!わぁい♪
 これで鯛食って生きてた乞食はみんな絶滅しました♪
 鯛をスルーしてた自分みたいな人に影響はありません。
 それから、クルーン抽選の枚数に50が追加されたので期待値が下がり、
 EXも複数回回す可能性のあるEXが全て廃止されちゃいました・・・。
 そんな中、何故か好評だったピュア600も削除。
 その結果、5つ中、天国と地獄系が3つもある始末。なんだこれ。

・JPチャレンジ(竜神チャンス)について
 このゲームの醍醐味でもあるバカ入れゲーム。
 とにかくメダルを入れまくるという店泣かせのルール。
 やっぱりボーナスラウンドが来るか来ないかが運命の分かれ目。
 「ボーナスラウンドが来る = 竜神倒してもいいよ!」って言ってる感じ。

・ミニイベント系
 (1) Vチャンスが空気になりました
 (2) クリオネがサブイベントからミニイベントに昇格&期待値うp。
 (3) スーパー連ギョやアミノサンタイムは、漁獲量の大漁ゲットよりも、
   獲得後の漁獲量で連チャンのイベント発生が見込める点の方が嬉しい。
 (4) スーパー連ギョは意外と長時間居てくれるので、焦る必要はなし。
 (5) wikiにも書いてあるが、アミノサンタイムはハズすとメダルは返ってこない。
 (6) 乙姫はJP突入率が意外と高いので、必ず成功させる。
 (7) アミの範囲が狭くなった影響で、ダブルアップの選択に注意。
   左側から右側の「やめる」が狙えなくなりました。



インパクト ☆☆    2.0
 これまでと変わらない外装。目に付くのはサメぐらい。

演出・迫力 ☆☆☆   3.0
 誰もが見入る綺麗な大画面と、JP時のスライド演出は必見。

やり込み度 ☆☆★   2.5
 やればやるほど色々と細かい遊びに気付く。

技術介入度 ☆☆☆★  3.5
 前作よりは下がったが、確実な腕前が必要なのは変わらない。

筐体独自性 ☆☆☆★  3.5
 未だに似たゲームが存在しないので、この点は高め。

枚数の目安 500枚
 300枚では頼りない印象。竜神の事を考えると500枚以上は欲しい所。

総評:払い出しが少なく、味を知るコアプレイヤー向けのゲーム。



総評にも書いた通り、メダルの払い出し枚数が全体的に減りました。
JPやVチャンス、玉手箱、亀の玉手箱数など、どれを見ても
全体的に枚数減になっているので、なんだか凄く損してる気分に。
竜神チャンスも、倒せないと+100枚程度な印象です。
まずJPに行かない回収台や設定の悪い台では湯水の如く減るため、
何も知らずに面白そうだからプレイ・・・という人は多分泣く結果に・・・。


最後に、ここまで読んでくれたお礼として、流れを読む自己流の攻略法を。
裏付けはありませんので、参考までにどうぞ。


プレイ前の台選び

・竜宮スロット履歴
 メダルを数秒間入れないと表示される竜宮スロットの履歴。
 メダルの当選回数や、JP行ったばっかりか?とかよりもパールの増減履歴に注目。
 今回のJPは完全に機械次第なので、本当の回収期ならメダルよりも
 パールを無駄に増減させ、びた一文も払わない事があります。
 なので、例えば「白2(JPなし)→黒1」や「白2(JPなし)→白1(JPなし)→黒2」とか
 JPの絡まない白黒の無駄な増減がある台は要注意です。
 個人的にはメダルの当選はあまり関係ない気がしました。
 良台ではパールの無駄な増減で回数を稼ぐよりも、
 メダル当選回数を増やして、JP挑戦頻度を調整する印象がありました。
 もちろん10枚ばかりは危険ですが、30枚とか頻発してるのは逆に安定してるので、
 長時間プレイするとプラスになる可能性があります。

・パールランプ
 2:3か3:2がデフォルトなので、基本的にそれ以外は期待しない方がいいかと。
 ただ、やっぱり1:4や4:1を狙った方がいいです。
 また、その時は出来たらスロット履歴も見ましょう。
 白4黒1でも、履歴が「黒2→白2→黒1→白1」だったらアレですし(笑)

・アミゲージと漁獲量
 今作において、漁獲量はあくまで目安の印象が強いです。
 もちろん多い方がいいですが、どのタイミングでもJPにいけますし、
 何より竜宮スロットの出目が悪かったら元も子もありません。
 それから、アミゲージは微々たるもんなのでスルーしてもおkかと。



プレイ中の判断

・竜宮スロット
 プレイ前と同様、一番の有力な判断材料になるのはやっぱりココ。
 調子良い台の時はパールの無駄な増減もなく、メダルでも30枚前後が多く、
 また、「アミを当てて〜」系のイベントが意外と多く発生しました。
 なので、パール増減やメダルが10枚15枚を繰り返す様になったら要注意です。

・EXの種類 と 全員参加イベント
 前作から言われてる通り、激!天国と地獄が来るのは波が来てると思いますし、
 全員参加イベントが発生するのは、少なくとも回収期ではない印象があります。
 ただし、激!天国と地獄をST.4がハズしたからと言って、ST.4が放出期とも限らない印象。
 実際、激!の結果が10枚だったSTがあって、それを見たハイエナが即座に移動。
 その後やってたけど、流れは全然来てなくて、むしろ移動する前の席で竜神発生。
 結果、ボーナス2回で竜神退治+300枚(600枚over)という結果。
 その後、自STではGO×3回のEXボーナス付き白パール5個(倍率ファイトで50x10=500枚)や、
 隣STではメダルクラゲで400overと、まるでその時の当たり枚数が分配されたかのよう。
 もちろん、その逆もありえるんで何とも言えませんが・・・。
 「大量獲得チャンス発生=放出期」「大当たり獲得=その後回収期到来」
 という方程式はアミNo.3では通じないかもしれません。

・ミニイベント
 放出台ならばミニイベの頻発もあるかもしれませんが、
 基本的にミニイベは起きないものと考えた方が正解かもしれません。
 前にJPに調子良く行く台に座りましたが、ミニイベは200kgに1回程度でした。
 ただ、乙姫チャンスが出たら期待してもいいかと思います。
 メダルクラゲはその場でメダルを放出しちゃうので、放出期とは限りません。

・アミゲージで獲得する枚数
 「ここで獲得出来る枚数が多い方が良い流れが来てる台」
 ・・・といろんな攻略記事で言われてますが、
 正直、個人的にはここもあまり参考にならないと思ってます。
 今回のアミNo.3で目立つ改変の共通点として
 「技術介入度を低くし、初心者と熟練者の格差を少なくする」
 という思惑をこれまでプレイした人なら誰もが感じると思います。
 多分ここも似た様な感じで、100kgまでの使用枚数の格差を少なくする為の
 「初心者救済措置」みたいなもんなのかなーと感じました。
 そこに従来の連ギョシステムと関連付け、意味を持たせるための演出にも感じたので、
 放出するなら、もっと大きな当たりで調整すると思います。




まとめると「どんな時でも竜宮スロットで流れを読め」って事です。
一度、放出期の台と回収期の台を見たり、体験したりすると分かるかもしれません。

あと、これは多分気のせいかもしれませんが、流れの来てる台に座った時、
竜宮スロットの第2リールのパール1個にあまり止まらなかった印象があります。
第2リールはメダル30 or 50枚に止まるか、GOに止まるかのどちらかが殆ど。
何回か止まったけど、パールの多い方の色ばかりで結果としてはプラス。
また、2/3の確率で第1リールではGOに止まっていた事。
アミNo.3ではこの辺の攻略を詰めると、もしかしたら流れの読みやすい機種になるかもしれません。


最初、300枚程度やった印象だと、超改悪に感じたんですが、
500枚近くを持ってやり込むと、良い感じにハイエナ対策されてて、
安心してプレイ出来る機種に感じました。
何より竜神がストレス解消にもなる、個人的に前より良機種でした!
posted at 2010/10/05 19:37:21
lastupdate at 2010/10/05 19:37:21
修正
 
Comments
竜神様一回しか倒したことないよ。EX使用、400枚くらい使って倒せたがあんま儲からないと思ったよ。
by ATC
at 2010/10/06 21:01:24
 
あれはアトラクションって感じですよね。入れるのが楽しいだけみたいな
自分も倒した時は全部EX使ってます(笑)


夢のない話をしちゃうと、払い出し枚数は竜宮JPと基本的に同じ感じで設定されてると思うんで、
イメージ的に1/6で倒せそうな印象。

やっぱEX5だと竜宮でEX確定になるように、竜神撃破も確定なのかな?
by さす
at 2010/10/07 13:32:46
 
今度、メダルやりに行きましょうよ!!
by さす
at 2010/10/07 13:33:28
 

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション