猫とYシャツとさす日記
2013 / 06   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment
プロフィール
名前 : さす(SASU)
出身 : 福島県海側
居住 : 神奈川県横浜市
嗜好 : 猫、フォント、音ゲー、
     血、メダルゲーム、邦楽(Pops)

弐寺に関して
ID : 2369-7202
習性 : NORMAL&オリコ大好き
信念 : 全譜面HSのみ & HS固定で勝負。
     ソフラン大好き。


↑ 自分の家庭用スコアです。


最近の記事

カテゴリー
BMS (3)
AnAn (7)
QMA (62)



RSS & Atom Feed
猫とYシャツとさす日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
パチ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
BMS
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
AnAn
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音楽
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
メダルゲーム
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームレビュー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
QMA
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
オリコ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲーセン
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
音ゲー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

メニュー

«« 帰省 | main | マイベスト »»
«« カテゴリ内前記事(復活!FEVER!) | 音ゲー | カテゴリ内次記事(マイベスト) »»
2007/07/25
譜面を記憶するという意味
音ゲーの譜面を完全記憶。あなたは何曲してますか?

自分が一番最初に記憶したのは20,novemberです。

初クリアは初代。安定してきたのは2nd始め頃。
完全にBGMだけで画面を見ないで出来るようになったのは3rdでした。

それ以外に見ないで最初から最後まで全シーケンスを完全に覚えてる譜面は
OVERDOSER(romo mix)
OVERDOSER(Driving dub mix)
LOVE SO GROOVY(7inch version)
Ska a go go

多分このくらいです。
不思議と2nd以前の楽曲しか入ってないです。


その理由はただ単に長年プレイしてるからってのもあると思います。
あとは総ノート数が少ないとか、プレイ時間が短いとか。
いろいろ原因はあるとは思うんですが、
自分が思う譜面を記憶してる楽曲全てに当てはまる事があって、
それが「全てのキー音がハッキリと分かる」という事です。
この場面のここのキーはこんな音だとか、そういう事です。
OVERDOSER(Driving dub mix)なんかは1Pでプレイすると
総キー音数が10以下ですからね。
それでいてあの完成度。楽曲と譜面に対する情熱が伝わってきます。

そしてもう一つは覚えた全譜面は何らかの形で自分の中で思い出がある事。
自分の場合は、譜面を記憶しようとして覚えた楽曲は一つもないです。
20,novemberは初代全曲クリアの壁だったから猛練習。
何よりこの時はEXPERTコースをAランククリアするのが大目標でした。
OVERDOSER(romo)は初めてアレンジプレイを試みた楽曲。
OVERDOSER(Driving)は20,november以来に燃えた楽曲。
LOVE SO GROOVY(7inch)は初代でNOBAD、NO WORSTを唯一達成出来なかった楽曲。
Ska a go goはコンプまでで唯一クリア出来なかった楽曲。

全部鮮明に思い出しますよ。

でも不思議なのはポップン、DDRに記憶してる譜面は一つもないという事。
それは単にある程度音ゲーに慣れたから
そんなに必死に練習しなくてもクリア出来るようになったというのもありますし、
難易度がいろいろあって、一つの譜面をやり込んだ記憶があまり無い事。
ポップンは楽器という感じはあまり伝わってこないってのもありますし、
DDRは音が出ないっていうので覚えにくいってのもありました。
もしかしたらbeatmaniaに捧げていたそれだけ熱い情熱を持ってなかったのかもしれません。



最近では楽曲も膨大な数になり、ランダムオプションが当たり前になり、
譜面を記憶するなんて事はもう殆どなくなってきたように感じます。
各プレイも「スコア」という目標が音ゲー全体的に前面に押し出され、
プレイヤー個々を中心的に考えたシステム構築、
それによってパフォーマンス的要素が少なくなってきた様に感じます。
でも、それはユーザーが望んだ結果であって、決して間違った道ではないと思います。
その結果、「音楽ゲーム」という新しいジャンルを築けたのですから ―――
何回もプレイすれば譜面を自然と覚えるという事も
今では総ノート数2000という数もあり、譜面を完全に覚える事は至難の業。
実際に自分も最近の楽曲の譜面は殆どうろ覚え状態。
「演奏」する事より「正確」に叩く。・・・つまり、「楽しむ」よりも「スコア」を選んだ自分。
「楽しむ」事は決して忘れないようにしようと思っても
結局最後は「スコア」を見てる自分。
慣れ・・・っていうのかな熟練者っていうのかな・・・なんか虚しいなって。


常に大目標を持ってた。譜面を記憶する位熱中してた自分が凄いと思う。
何のパートを叩いてるか分からずにただバチバチ叩いてるだけの難しい譜面には魅力を感じないし、
スコアばっかり狙って緊張しっぱなでゲームしてる自分もなんか間違ってる気がしてきた。
ゲーセンで見てても上級者で楽しんでプレイしてる感じの人って見ないんだよね。弐寺の場合。
なんていうか機械的。指先だけ動くカラクリ人形みたい。感情死んでるみたいに表情も変えずにプレイ。


結論から言うとここね。ゲームなんだからもっと楽しもうよって言いたい。


自分が音ゲーやり始めの頃、思い切りやった楽曲。思い出してごらんって。
今貴方が一生懸命やり込んでる楽曲なんかより思い出つまってない?
今やり込んでる楽曲って機械的にプレイしてない?プレイしてて楽しい?
出来なくて本気で悔しがってる?スコア抜けなくて本気で悔しがってる?


ここを見て下さってる人に言いたい。
例えば、次回新作が稼動した直後に「弐寺の好きな楽曲アンケート」をした時に
新楽曲を差し置いてでも「これだっ!」って言える楽曲が最低でも1曲は忘れないで欲しいです。
新作稼動=一番好きな曲が常に変化 なんてくだらないよ。


本当に好きな楽曲なんてそんな新作に負けない位の情熱がこもってるはずだから・・・。
posted at 2007/07/25 12:57:50
lastupdate at 2007/07/25 14:11:33
修正
 
Comments
自分が一番思い入れがある弐寺の楽曲は「Macho Gang」。
サブストで出来るようになった時は最高の喜びだった。
そこからBRILLIANT 2U出した時の感動は今でも色褪せてません。
今は殆どプレイしないけど、あの手の舌出してるキャラ見る度に、懐かしくなる。
by さす
at 2007/07/25 14:16:49
 

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション