home >> joy to the blog...
«« ノヴィア封印 | main | IIDXの難易度のつけ方の具体例 »»
«« カテゴリ内前記事(わざわざ遠征乙。) | BEMANI | カテゴリ内次記事(IIDXの難易度のつけ方の具体例) »»
2008/01/22
IIDXの難易度のつけ方。

詐欺曲や逆詐欺曲なんて呼ばれることがありますが、どう考えても難易度のつけ方間違ってるだろうって曲もありますね〜。

詐欺とかは置いといてIIDXの楽曲のレベルのつけ方ってどうなってるんだろう?っていうのを勝手に書いてみるてst



詳しく例とか挙げて書こうかと思ってたんだけど時間の都合上難易度の決め方に使われているだろうポイントだけ書いて明日にでも補足するか。


・ノマゲクリア難易度でつけられている。よってラス落ち曲は高め。
・同じ☆(レベル)であれば譜面難易度(N/H/A)はA>H>Nとなる。
・皿は評価されたりされなかったり、明らかに皿でノマゲクリア難しいときは考慮される。それ以外は適当。
・BPM変化曲は最近はそれほど難易度に影響しない。1変わるか変わらないか程度。
・点の取りやすい取り難いは関係ない。

基本的な譜面の難易度(押し易さ+ノート数とか)に+αとして上の要素が加わっての難易度かな〜?ってことです。
5つあげてますが、上のほうが大きく難易度に影響する要素。

思いつきだし、何の根拠もないのでクレームは受け付けません。
確かにそうかもねっていう同意だけは受け付けます。

とりあえずFIRE FIREとオレマニアのSPNの☆7はおかしい!!
posted at 2008/01/22 18:52:44 || lastupdate at 2008/01/22 18:52:44
 
【PR】アフィリエイト広告
Comments

Post your Comment
name
comment
文字装飾グラデーション